イヌリンとHMB

Hba1c 高い 治療 高齢者

0

    JUGEMテーマ:糖尿病




    Hba1cが高い高齢者の場合、治療のための数値目標は一般的合併症リスクが高い7.0%未満という数値に
    当てハメる事が出来ない場合もあるようです。

    インスリンの投与など低血糖のリスクがある場合と無い場合でも違いがありました。


    例えば自立していて認知症などがない方でも

    投与していない場合なら7.0%未満になりますし

    投与している場合でも65歳から75歳未満は7.5%未満、75歳以上なら8.0%未満という事になります。



    それに加えて段階的に認知障害や既往症によって

    8.0%未満とか8.5%未満といったコントロール目標値になるみたいですね。


    身体の状況は人それぞれ、

    一つの基準だけで治療を進めて行くことはできない。


    ましてや高齢者の場合体力的にも免疫力的にも若い方と違うというのは

    仕方のないことです。



    それをきちんと踏まえてのガイドラインなのでしょう。





    Hba1c 高い 治療 薬

    0

      JUGEMテーマ:糖尿病



      治療と言うと何を思い浮かべますでしょうか?

      手術、注射、薬・・・


      例えば、私先日胃の検査をしまして、胃炎と診断されたのですが

      ピロリ菌がいましたのでそれを除去する薬を出しますと言って

      1週間分の薬を貰いました。朝夕二回で、1回に6錠の錠剤ですよ。


      それでもそれで治るのであれば楽なものだと思っています。


      Hba1cの高い状態も薬で簡単に治ればいいのになと思います。


      でも薬はあるんですよ。


      状況によって5種類か6種類ぐらいあるのでしょうか、使い分けして処方されます。



      しかし糖尿病はピロリ菌とは違って、いくら薬で血糖値を下げ、それによってHba1cが下がったとしても

      それで治ったとは言えないのが悲しいところです。


      薬だけ飲んで一時は下がったとしても生活習慣を改めないと何故かまた上がってきます。

      飲む畳数を増やす事で対処したり、更にきつい薬を処方されえたりして、また下がるかもわかりません。


      でもこれは治療とは言えないものです。


      高いHba1cを下げ治療していくには食事や運動療法を外して考えるわけにはいかないのです。


      主役は薬ではなくあくまでも自分で動きをとってする生活の中での対処法なのです。


      あくまでも食事や運動での効果を手助けしながら、少しでも早く目標値にまで下げるための手段と考えた方がよいでしょう。

      じつはそういう意味ではサプリメントも重要な役割を持ちます。


      薬の効果、食事療法の効果、運動療法の効果、それとサプリメントの効果。

      これらはHba1cの数値を改善するのには効果的ですが、作用の仕方が違うじゃないですか?


      薬と同じ作用をするなら重複しているので変わらないかもわかりません。


      一見他のことで下げる努力をしているからサプリを用いてもあまり変わらないのではないかと

      私はそう思っていました。


      しかし作用が違うのであればたとえわずかでも、「食品」という位置づけのサプリを使うのはかなり有効なのではないか、最近そう思うようになりました。

      とりあえずは直接Hba1cには関係ないかもわかりませんけど「酵水素328選生サプリメント」を数週間前から摂取し始めました。

      一つ一つの効果を実感して確認しながら次のステップに進んでいく作戦です。


      自分にあった良いサプリメントを選び、それも補助としていく事は結構期待できそうな方法ではないかと

      期待に胸を膨らませている次第です(^^



      Hba1c 高い 治療

      0

        JUGEMテーマ:糖尿病



        Hba1cが高いと疑われる糖尿病は

        「糖尿病」という病名がついていますが、私はこれはほんの入り口でしかないという風に感じています。


        何故かといいますと、日本の成人病とか死因のトップには糖尿病という病名は出てこないですよね?


        そういう部分も糖尿病が甘くみられる要因なのではないかと思うわけですが

        心筋梗塞や脳卒中やがんという病名ばかりが取り上げられているじゃないですか。


        勿論間違ってはいないと思います。

        しかし、心筋梗塞や脳卒中、腎臓炎など、命に大きくっ変わる病気が

        糖尿病になって治療をしないと次に控えているのです。


        Hba1cが高いという事は、平均血糖値が高いという事で、

        「血糖値が高い状態は血管を傷めやすいので合併症のリスクが高くなります。7.0以下になるように頑張りましょう」

        というのが私の主治医の口癖のようなもの。


        血糖値が高いと血液が濁ってドロドロになっていると聞いたことがありますが、

        自分で見たわけではないので何とも言えません。


        そういう例えをされているだけなのかどうか。


        それでも現実的に合併症のリスクが高いということは
        わかっていることで、その危険を無視するわけにはいきません。


        どのような治療や改善をして行くにしても

        とにかく記録を保存していくのがおすすめです。

        色々な数値もそうですけど、食べたものや飲んだもの

        運動をした量、体重などの身体の事。


        マメじゃないと難しいですけど、記録をして行くと

        どうすれば効果が高いとか、逆に悪化するか、

        何が効いているのかというのが何となくわかりやすくなるのです。


        色々やって何が効いているのかわからないという複数の対策でも

        記録があるとある程度は「これが良さそうだな」と考える事が出来るようになります。


        毎日じゃなくてもいいので記録はおすすめです。

        高いHba1cを下げるための治療には大いに役立つと思いますよ。


        | 1/1PAGES |

        自己紹介

        初めまして。「崖っぷちのトニョ」でございます。 親父が糖尿病だったので、「あんたも遺伝でなるよ」と医者に言われ、気がついたら本当になっていました(;^_^A 最初の一年ぐらいはどうってことないと思っていましたが、そうでもないなと気がつき対策初めて一年、色々知識も身につきました。 経験で得たことを分かりやすく書いていこうと思ってます!

        カテゴリー

        リンク集

        最近の投稿

        Hbaicだけじゃない「健康サプリ」ランキング

        ブログランキング

        アーカイブ

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM